ビットコインを始めるために必要なものとは?

ビットコインで得をするための基礎講座

そもそもビットコインは何のためにあるのか

ビットコインをはじめあらゆる仮想通貨は、「顔の見えないお金」とも言われています。 つまりは開発者の正体がよくわからないということですが、ビットコインもひとつのプログラムである以上、そこには必ず血の通った開発秘話があります。 開発者の素顔に迫ってみました。

初心者必見!ビットコインは本当に儲かる?

ビットコインをはじめとする仮想通貨については、まだまだ賛否両論が根強いのが現状です。 そのため、「ビットコインで本当に儲かるのか?」という問いには簡単にはこたえられないのですが、ビットコインを取り巻く環境について見ていくことで、投資のヒントを模索することは可能です。

ビットコインの未来、仮想通貨の展望

ビットコインは絶えず毀誉褒貶にさらされてきました。 「ビットコイン長者」を生み出す一方で、多くの「ビットコイン難民」がいるのも事実。 後継と目されるアルトコインも市場でのシェアを拡大しつつあります。 ビットコインは今後どのような動きを見せるのでしょうか。

ビットコイン開発者の意外な素顔

日本国内で最もメジャーな仮想通貨と言われるビットコイン。
「ビットコイン長者」を生み出す一方で一夜にしてその価値を暴落させてしまうなど、貨幣価値としての実用性はなおも未知数のままです。
日本国内においてはおもに投機用通貨としての需要が大半を占めているビットコインですが、一部の発展途上国ではすでに公共料金の支払いに使えたりと社会的インフラとしての側面をそなえており、国定通貨以上の力を持ちつつあるという指摘もあります。
日本国内でも、都市部を中心にビットコインによる支払いを受け入れる店舗が増えつつあり、投機用から決済用へ、という新たなパラダイムシフトが起こる可能性も決して否定できません。
一方で、ここ数年はリップルコイン、オーガ、イーサリアムなど次世代のアルトコインの存在感が増しつつあり、ビットコインの市場シェアがゆるやかな減少傾向にあるのも事実です。
そうした状況の中で、これから新たにビットコイン取引に参入したいという場合には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。
また、日本国内でビットコインが決済用通貨として本格的に受け入れられる日は本当にくるのでしょうか。
また、今後の日本で仮想通貨流出事件のようなトラブルは起こり得るのでしょうか。
このサイトでは世界規模のビットコインの展望を概観しつつ、日本国内におけるビットコインのポジションの変化、そして次世代を担うアルトコインの可能性について掘り下げて解説しています。