>

そもそもビットコインは何のためにあるのか

この記事をシェアする

ビットコイン開発者の気になる素顔とは?

ビットコインを含む多くの仮想通貨は、エンジニアとよばれる人々によって開発され、維持されています。
エンジニアの仕事は、主にプログラムのコーディングとデバッグ、フローチャートの作成などで構成されています。これらは基本的にネットワーク上の共同作業となります。
海外では優秀なエンジニアに優遇措置をとる制度があり、先進的な仮想通貨を積極的に生み出す土壌が用意されていると言えます。
企業との関わりも重要です。
企業にとって、仮想通貨決済は、顧客のニーズを効率的にくみ取るために不可欠なツールです。
企業は決済情報に基づいて顧客情報を分析し、ブランドイメージの変革につながる機会を探します。
グローバルな規模で考えると、日本は今後仮想通貨先進国になれる可能性があります。ビットコインによる決済は高価なショッピングだけでなく、カフェやレストランでの支払いにも便利です。

このお店でも使える!仮想通貨の導入例

仮想通貨決済を積極的に導入している業界といえば、家電業界が代表的です。
高価な商品を扱う家電業界では、ビットコイン決済の導入が不可欠となり、顧客の利便性を飛躍的に向上させることができると考えられています。
大都市圏では、すでにビットコインを決済手段として受け入れている家電量販店の数が増えており、仮想通貨を使用することによりさらにスムーズに買い物をすることができます。
六本木や表参道などでは、近年、ビットコインを使って支払を行うことができるバーやカフェが急速に増えています。
店舗側としても、クレジット決済のように高い手数料を支払う必要のない仮想通貨は、非常にメリットの大きい決済手段と考えることができます。
現時点ではまだ系列店が少ないものの、将来的にビットコインの利便性が広く認識され、安全な通貨として認識されれば、第2の国定通貨として定着する可能性があります。